自分を肥満じゃないと思い込んでいませんか?BMIの数値を確認しましたか?まずは認識するところから始めましょう!肥満と分かったらすぐにダイエット開始です!肥満は悪!滅ぶべし!

  • ホーム
  • 肥満が原因で数多くの病気にかかりやすくなる!

肥満が原因で数多くの病気にかかりやすくなる!

太い人

肥満傾向にある人は、オシャレを十分に楽しむことができないという場合があります。
しかし、それ以上に重要なことがあります。
それは、肥満が原因で数多くの病気にかかりやすくなるということです。

例えば、病気の一つに関節炎を挙げることができます。
肥満の人は骨や関節への負担が大きくなるために腰痛や膝痛などの関節障害を起こしやすくなります。
そうなると、転びやすくなったり骨折しやすくなります。
特に、高齢者は転倒や骨折が命取りになる場合がありますので注意しましょう。
さらに、肥満が原因でかかる別の病気は糖尿病、高血圧、脂質異常などの生活習慣病です。
これら一つの病気がかかることもあれば、いくつかの病気が重複してかかる場合もあります。
病気が悪化すると、長期入院や手術を余儀なくされたり、さらには最悪死を招くという場合があります。
ですから、肥満はいつまでも放置しておくのは大変危険といえます。

それで、自分が肥満傾向であることに気付いたなら、早めになんらかの対策をとりましょう。
まずは、じぶんの食生活を見直してみましょう。
お肉中心の生活をおくっている人であれば、お肉の量を少し減らして、野菜や海藻類をたくさんとるようにしましょう。
また、急いで食べるのではなくゆっくりよく噛んで味わうようにしましょう。
インスタント食品やファーストフードばかりに頼らないようにしましょう。
さらに、食事に加えて肥満解消に役立つことは定期的に身体を動かすことです。
とはいってもいきなりハードな運動をすると続きませんので、まずは、軽いウォーキングから始めましょう。
朝の新鮮な空気な中ウォーキングをするのは気持ちよいものです。
ぜひ、実践してみましょう。

関連記事